PAYSLE、スマホで収納代行をペーパーレスに

 

公共料金やネット通販の買物などの払込票は、バーコードを印字した紙で郵送されて来るものだが、それをペーパーレスにするサービスがブリースコーポレーションの「PAYSLE(ペイスル)」だ。

利用者にはスマホアプリに払い込みが通知される。店頭に行き、アプリ画面に表示されたバーコードを提示してスキャンしてもらい、支払いを済ませる。支払い後は電子受領書がスマホに届く。

ペーパーレス化によって、利用者は払込票を持ち歩かなくてすむ。払うつもりだったのに紙を忘れてきた! よくある。

請求する事業者(決済代行会社を含む)は、払込票を発行・郵送する業務を削減できる。請求情報がペイスルに送られ、ペイスルが電子バーコードを利用者に発行する流れとなる。

支払いスポットであるコンビニは、収納代行の業務を削減できる。

 

従来の払込票による収納代行とペイスル利用の流れの対比

 

これまでもペーパーレス払込票のサービスがなかったわけではない。ただ、コンビニ店頭のマルチメディア端末で発券する手間があったり、支払い専用のカードを保有する必要があったりと、払込票をレスする代わりに、別の作業や所持品がオンするという、トレードオフ的なものだった。

ペイスルの収納サービスは、持ち物が増えることもなく、作業が増えることもないペーパーレス化であることがポイントだ。

 

コンビニの手間が減れば、レジ待ち時間も減るメリット


 

ただ、払込票をペーパーレース化するなら、いっそ支払いそのものを電子化した方が早い気もする。公共料金もクレジット決済が可能なものは多いし、ネット通販も決済そのものをオンライン上で行えば済む話では?

それはそうだが、あえてコンビニ支払いを選ぶ場合もある。ネット通販でクレジット決済をしたくないというニーズはあるし、公共料金の自動引き落としもネットで完結する手続きならまだしも、銀行窓口や郵送で手続きしなければならないとなると、面倒になったりする。

利用者の視点でみると、キャッシュレス化に向かう途上の需要を埋めるようなペーパーレス化で、便利ではあるものの、もっと便利に済ませる方法もなくはない。

しかし、請求書を発行する事業者の業務は確実に軽減される。さらにコンビニ店頭の業務負担も下がる。場合によってはいっぺんに何枚もの払込票が出て来る。それら一枚ずつスキャンして、ハンコを押して、利用者控えをちぎって、残りを保管して・・・。それらの業務がスマホ画面のスキャンだけで、あとは決済のレジ業務だけで済むならレジ係は楽になる。とりもなおさず、それはレジ待ち時間の短縮になるので顧客にとっても喜ばしい。

 

利用できる店舗は、とりあえずコンビニ全体の5%未満


 

問題は、アプリを介するこのサービスがどこまで普及するかだ。

スタートは、17年9月15日のミニストップから。同月中に札幌市内5店舗のセイコーマートにも導入され、11月には全店対応の予定。間口を絞ってのサービスインとなる。セブン、ローソン、ファミマへの導入は18年度中を目標としている。コンビニでの支払いではなく、実質がミニストップ、セイコーマートでの支払いだけとなると、利用者はかなり限定されてしまうが・・・。店舗数ではコンビニ全体の5%を切るくらいのカバー範囲しかない。

ペイスルを運営するブリースコーポレーションは、NEC(51%)と三井住友銀行(49%)の合弁会社だ。ペイスルを第1弾に、まさにフィンテック領域のサービス開拓を目指す。


Pocket
LINEで送る