O:der(オーダー)、飲食店むけの注文&決済アプリ

カウンターに並ばないとオーダーも商品の受取もできないスタイルの飲食店は多い。カフェとかファストフードの多くが該当する。

こうした店では、注文の前に座席の確保を促されることがある。空き席に何か手荷物を残して、改めてカウンターに並び直す。今は当たり前の風景だが、じきにサービスが悪いと叩かれるようになるかもしれない。席についてからカウンターに並び直すのは手間でしかない。

解決策は2つある。1つは来店前に注文&決済が済めばいい。2つ目は席に居ながらオーダーできればいい。

つまりスマホで注文&決済できるといい。

カフェやファストフード店の場合、事前注文の機能だけでは店のオペレーションがややこしくなる。店の外や確保した席でオーダーできても、受け取り時にレジが混雑していたらけっきょく待つことになってしまう。決済(必然的にキャッシュレス)とセットにして、受け取るだけにならないと。

スマホ注文&決済の実現に向け、以前にNFC(近距離無線通信)を活用したSkyDream Shonan Beach Loungeの取り組みを書いた。「飲食店で座席確保したまま注文&決済」。この取り組みではブラウザへのスムーズな遷移により、専用アプリを使わないところがミソだった。

一方、Showcase Gig社の実店舗運営支援ソリューション「O:der(オーダー)」は、専用アプリによる注文&クレジット決済システムにより、カウンターに並ばなくても購入できるようにする。

 

注文&決済に加え、店舗業務をトータル支援


 

「オーダー」は、来店前の注文とクレジット決済によって販売機会の拡大とカウンター業務の効率化につなげる。これにマイレージ形式のデジタルスタンプや、クーポン配信といった販促機能が加わり、メルマガ的な情報発信の機能も付けられる。売上データの管理が可能で、POSと連携するほかアプリ単体でもレジ機能をもち、レシート発行やキャッシュドロワとも連動するなど、オプションを組み合わせればレジ機能をフルに搭載できる。まさに実店舗の運営支援サービスだ。

同社のHPは、店外でスマホからオーダーすると店員がオーダーメニューの準備をはじめ、来店と同時に手渡す(決済はオーダーと同時に完了している)という利用シーンを動画で説明している。主にテイクアウトをイメージさせる利用シーンだが、応用すれば自席を確保してからアプリでオーダー、通知を受けてからカウンターまで引き取りに行くという使い方もできそうだ。

店にいるならカウンターへ並べって? いやいや。並ぶのはとにかくストレスだから。オーダー&決済で、できてから取りに行った方が気楽だ。店員が席まで運んでくれればもっと楽だが、店がそういうシステムになっていないのだから仕方がない。店のシステムに合わせるとしても、利用客としてはカウンターに並ぶのは可能な限り避けたい。

 

スマホ注文&決済、フードコートこそ必要?


 

注文&決済の仕組みは、個々の飲食店での活用はもちろん、ショッピングセンターのフードコートで利用できればいっそう便利だ。

一般的にフードコートといえば、個々の店で注文した後、呼び出しブザーを渡されて、それがバイブ&ピーピーで出来あがりを告げてから、再び個々の店まで受け取りにいかねばならない。普通のファストフード店なら、すぐに渡せない場合は席まで運んでくれるが、フードコートだと必ず自分で受け取りに行く必要がある。

ましてフードコートは一般的な独立店よりもずいぶん広い。にもかかわらず時間帯によって席取りは一般の店よりも難しい。そもそも、ショッピングセンターに行くまでに車や電車を乗り継いでかなりの時間を費やし、何をやるにも広い施設内を歩き回り、昼時になって休憩したいとたどり着くのがフードコートだ。それなのに、席取りから始まって、それぞれのカウンターに並んで、ブザーだけ受け取って席に戻り、呼び出しを受けてまた取りに行き、食べ終わったらトレーを返却するためにまた歩かねばならない・・・。うんざりする。

このフードコートで、スマホによる注文&決済ができたら、どうだろう。

座席に着く。スマホからオーダーする。待つ。スマホに通知くる。受け取りに行く。

座席から個店カウンターまでの往復が、確実に1回は減らせる。しかも注文のためにカウンター前に並ぶ必要がない。

スマホによる注文&決済がフードコートの標準機能として採用されたらいいと思う。


Pocket
LINEで送る