Amazon、直輸入ワインのサイト「winery direct」

Amazonは17年6月26日、オンラインストアAmazon.co.jp内にワインの直輸入サイト「ワイナリーダイレクト」(http://www.amazon.co.jp/winerydirect)を立ち上げた。

スタート時点では、直輸入品の取り扱いはチリ、フランスの2ヶ国に限られているが、7月上旬にはイタリアが加わり、年内には米国、アルゼンチン、オーストラリア、スペイン、ドイツといった主要な輸入国が揃う見通しだ。

リリースの文言を借りれば、「日本中どこを探してもAmazon.co.jpでしか購入できないワイン」や、「世界的に有名なブランドワインもワイナリーから直接買い付け」し、「ブドウ作りから醸造まで行なっている小さな生産者からの買い付けも積極的に行って」、「市場ではなかなか出回らない上質なワインを取り揃え」ながら、7月5日まではオープンセールとして全品20%オフにしてしまう。なんともAmazonらしい。

直輸入ワインは、ワイナリーの出荷から定温管理で輸送し、300円の有料オプションを選択すれば国内のセンター出荷から宅配までも温度管理するとしている。また、Amazon限定品に限らず、「世界的に有名なブランドワイン」も、ワイナリーから直に買い付けるという。

 


 

ワインこそ、eコマースに適した商材

 

食品の販売に関しては、どれだけAmazonが頑張ろうともリアル店舗の優位は揺るがないと私は考えているが、ワインは別だ。

ワインは、食品の1カテゴリーとしては他にないほど価格レンジに幅があり、それぞれの価格帯でも恐ろしいほどバリエーションがある。これもAmazonのリリース情報だが、世界には100万銘柄ものワインがあるという。まさに嗜好品の最たるもので、趣味としては昆虫採集と同じくらい際限がない(飲み物と虫けらを比べる例えが適切かはさておき)。

リアル店舗で取り揃うには自ずと限界があり、頑張って品数を増やしたところで商品の回転率は保証されない。もっとも、際限がなさすぎるからこそ売場で編集することに意味があるわけで、棚にある中から選ぶだけでも実際には一苦労する。

そう、ワインを選ぶのは一苦労なのだ。

ラベルには英語でもないアルファベットが並んでいる場合が多く、素人には選ぶ基準が見つからない。店頭の限られた情報に比べれば、ネットの商品情報は充実している。商品のことを深く知り、ブランドの背景ストーリーを理解していくうちに、自分の中で選ぶ根拠が生まれてくる。その根拠は、安いからという価格要素とは違うこともある。店でワインを選ぶより、時間的に余裕があることも重要だ。同じことはウイスキーとか焼酎とか、まあ酒類全般に共通している。

これまでもAmazonは酒類の販売に力を入れてきたし、メーカーや輸入会社もワインや洋酒ではアマゾンでの展開に力を注いでいた。直輸入品の展開は理の当然であり、Amazonでしか購入できず、しかも20%オフなら、クリックしちゃう。


Pocket
LINEで送る