エアコンを使い続けるために気をつけたいこと。カビ対策。風と水と埃の中で。

 

エアコン内部にカビ繁殖! 対策は?

 

「姿なきカビの臭い」で書いた通り、無知なばかりにエアコンの中をカビだらけにしてしまった・・・。

フィルターを掃除し、通風口にびっしりついたカビ汚れを拭き取る。指の届く限りは通風口の奥も拭く。やれることはそれしかなく、カビ臭さは解消されなかった。

残された道は買い換えるか、業者にエアコンクリーニングを頼むかの2択になった。

 

買い替えはおおよそ7万円から、クリーニングは1万円から。

思えば使用中の2台は、2度の引越で合わせて8万円以上の移設費を支払っている。エアコンは金がかかる・・・。

すでに7年も使用のエアコンだけに迷うところだが、カビ臭いだけで故障しているわけではない。10年は使えるそうだし、今回はクリーニングすることにした。

クリーニング費用の相場は、どこも似たようなものだ。室内機に自動クリーニング機能が付いていないものは本体価格1万円から、付いているものは2万円近くもする。

うちの問題のエアコンはクリーニング機能なしだ。

 

クリーニング、土日の予約は難しい

 

業者はいろいろあるけれど、イオンと組んでいるカジタクを選んだ。税込1万2744円。イオンの何かしらの割引を適用して1万2106円を支払った。

店頭で依頼し、訪問日は後日、カジタクから電話が来て決まる。

ネットからオーダーできる他の業者を選べば、もっとスムーズに日程調整できたのかもしれない。イオンを通すと、ネットでオーダーしても後日に依頼書を宅配するというので、かえって手間だった。

ネットでオーダーし、メールのやりとりで訪問日を確定できればいいのに。カジタクの利用者は年配者が多いのだろうか? 書類を介さないと話が進まないとは手間のかかる・・・。

ただ、イオン店頭でオーダーしてから6日目にはクリーニングに来てくれた。もっともそれは平日だからであって、休日を選べば2週間も先になるところだった。

 

自動掃除と内部クリーン、違いを知っていますか

 

業者はエアコンのカバーを外し、ドライバーでさらにパーツを外して室内機を剥き身にした。

洗剤と高圧洗浄機でエアコンの内部を洗い流す。ビニールで包んでバケツまでのルートを作り、期待通りカビや埃で真っ黒になった洗浄水がバケツに溜まる。

剥き身にされたエアコンをビニールで包み、

内部を洗浄すれば、期待通りに黒ずんだ汚水が流れ出す。カビさん、さようなら!

取り外したパーツも、うちの風呂場で洗浄した。業者は足拭きマット持参で、使用後は濡れた風呂場まで拭いて帰る気遣いには感心した。

 

せっかくなので、カビの発生を防ぐにはどのように使うべきかを尋ねると、

 

「冷房の使用後に送風するか、ああ、この内部クリーンを使えばいいんですよ」

 

エアコン内部で発生する水分を乾燥させるプロセスが必要ということらしい。内部クリーンがエアコン内部を乾燥させる機能とは知らなかった。クリーンと乾燥って、結びつかなくない? 埃を取る機能かと思っていた。

内部乾燥(防カビ)みたいな名前にしてくれたらいいのに。

ィルターの埃を自動で取る機能は、自動お掃除といった名前になるようだ。自宅にあるダイキンと富士通の場合、埃の処理は掃除、内部の乾燥は内部クリーンといった言い回しになっている。

リビング用の日立のエアコンは、掃除やクリーンといった名称がリモコンのどこにもない。自動でやる気みたいだけど、大丈夫かね。

 

2年に1回は業者のクリーニング?
エアコンは便利だけど金がかかる

 

業者は、「2年に1回は内部クリーニングが必要です」と言っていた。

 

「内部クリーンとか、カビが発生しないようにしてもです?」

「2年に1回はした方がいいですね。暖房はお使いで? 使うほど汚れは進みます」

 

暖房はむしろ防カビ対策のようにも思うが、エアコンの内部は風が行き来し、埃が付着し、夏場の冷房では水分も発生する。風を介して埃と水が交わる環境で、カビやバクテリアが栄えると。それはそうかもね。

しかしクリーニングには1万2000円、自動お掃除機能付きなら2万円はかかる。エアコンは単価も高いが維持費もすごい。

とはいえ夏場を扇風機でやり過ごすわけにもいかない。冷え性だから冷房を強くすることはないものの、暑いとすぐにバテてしまうから。

 

クリーニング後、カビ臭は消えた。

冷え性のため普段から設定温度も高め、風量はいつも抑えて使用しているので、クリーニングしたことで運転効率が上がったかどうかは分からない。

 

業者は2年に1回を強調して帰った。

 

しかし7年選手のエアコンに2年後、また1万2000円もかけてクリーニングする気はない。とにかく大事に使って、3年もたせたら買い替えだ。

もう1台の7年選手も調べたところ、カビ臭はないものの、通風口の奥はやはりカビで汚れていた。がっかり。

こっちは自動お掃除付きの2万円コースになってしまう。おいそれとクリーニングできるものでもない。フィルターと通風口を掃除して、内部クリーンと掃除機能でいけるところまでいくつもり。

無知で7年も使い続けた結果は仕方がない。まだ1年目の日立エアコンは説明書を読み直して大事に使おう。それでも1、2年後にはクリーニングしなければならないのか・・・。高くつくけど、カビ臭も嫌だ。

エアコンの内部は風と埃と水が交わり、カビが生じる。それを忘れずにケアを怠らないようにという自戒。


Pocket
LINEで送る